2015年8月1日 長野県 霧ヶ峰・白樺湖

先週3日連続登山をしての帰りに霧ヶ峰を通ったのですが、その景色の素晴らしさに感動して今回は二人でゆっくり霧ヶ峰から白樺湖周辺の高原を歩きました。ヒョウモン類の多さは北海道と似ているような気がしました。止まっているのを見て名前が分かるのはツマグロヒョウモンArgyreus hyperbiusとミドリヒョウモンArgynnis paphiaくらいで、他のチョウは写真を撮ったあとで名前を知ることになるのが常です。ギンボシヒョウモンSpeyeria aglajaとウラギンヒョウモンFabriciana adippe、ウラギンスジヒョウモンArgyronome laodiceとオオウラギンスジヒョウモンArgyronome ruslanaを見た瞬間に区別できるようになりたいものですが、無理でしょう。

ギンボシヒョウモン/Speyeria aglajaギンボシヒョウモン/Speyeria aglajaヒョウモンチョウ/Brenthis daphneミドリヒョウモン/Argynnis paphiaオオウラギンスジヒョウモン/Argyronome ruslanaウラギンヒョウモン/Fabriciana adippeウラギンヒョウモン/Fabriciana adippeウラギンヒョウモン/Fabriciana adippeウラギンスジヒョウモン/Argyronome laodiceヒカゲチョウ/Lethe sicelisヒメウラナミジャノメ/Ypthima argusジャノメチョウ/Minois dryasジャノメチョウ/Minois dryasウラジャノメ/Lopinga achineアカセセリ/Hesperia florindaコチャバネセセリ/Thoressa variaチャバネセセリ/Pelopidas mathiasモンキチョウ/Colias erateヒメシジミ/Plebejus argusヒメシジミ/Plebejus argus