2015年8月16日 松本市 梓川河岸

梓川の河岸に降りる道沿いに果肉植物ツメレンゲが生えていて、その周りを小さなクロツバメシジミTongeia fischeriが飛んでいました。子供の頃は、この蝶の名前を聞いたことがないように思います。それだけにとても感動し、またかわいらしく思いました。たくさん飛んでいたのですが、目で追っているとほかの個体に目移りしてしまって、止まったところをカメラに収めるのが大変でした。またマクロレンズでの撮影は、ピントの具合やボケの深度などがよくわからず苦労しました。肉眼で観察しているほうがずっと楽でいいと感じました。

初めて出会った蝶:クロツバメシジミ/Tongeia fischer

クロツバメシジミ/Tongeia fischeriクロツバメシジミ/Tongeia fischeriクロツバメシジミ/Tongeia fischeriクロツバメシジミ/Tongeia fischeriクロツバメシジミ/Tongeia fischeriクロツバメシジミ/Tongeia fischeriクロツバメシジミ/Tongeia fischeriミヤマシジミ/Plebejus argyrognomonミヤマシジミ/Plebejus argyrognomonミヤマシジミ/Plebejus argyrognomonミヤマシジミ/Plebejus argyrognomonミヤマシジミ/Plebejus argyrognomonツバメシジミ/Everes argiadesベニシジミ/Lycaena phlaeas