2019年4月21日 香港
April 21,2019 Hong Kong
鳳園 午後 / Fung Yuen, Afternoon

場所

昼食後ちょっと欲張ってバスで嘉道理農場に行ってみました。鳳園からはバスで40分ほどの近さです。2階建てのバスは快適で、まるでロンドンを走っているような錯覚を覚え、子供のように2階の最前列に座って景色をたのしみました。そしてなによりうれしいのがその料金です。65才以上のシニアのオクトパスカードを使えばどこまで乗っても1回2香港ドル(35円ほど)です。地下鉄でもフェリーでもこの料金なのでほんとうにありがたい、はじめて年取っててよかったと思いました。

 

嘉道理農場では親子連れなど数人が降りましたが、なんと入り口が閉鎖されているではありませんか。張り紙に19日から数日お休みします、と書いてありました。仕方がありません。他の蝶観察地の資料をホテルに置いてきてしまったので、折り返し鳳園にもどることにしました。

 

帰りのバスが休日の路線変更で目的の停留所に止まらないというハプニングもありましたが、なんとか鳳園に到着しました。午前中とは違う川沿いの道や、奥の森にも入りました。午前中、目撃しただけのヘレナキシタアゲハTroides helenaやヒョットコシジミタテハAbisara echeriusも撮影できて、終わり良ければ総て良し、の一日となりました。また、鳳園の蝶保護区では地元のたくさんの若者たちが作業をしていることに感心しました。日本ではこういう光景を見たことがありません。教育の大切さを感じました。

初めて出会った蝶:5種
the first betterfly I met : 5 species

クリニアミスジNeptis clinia ヒメシロオビヒカゲLethe confusa マルバヒトツメジャノメMycalesis mineus ミダムスルリマダラEuploea midamus シナシロシタセセリTagiades litigiosus 

アオスジアゲハGraphium sarpedonアオスジアゲハGraphium sarpedonシロスソビキアゲハLamproptera curiusヤエヤマカラスアゲハPapilio bianorヤエヤマカラスアゲハPapilio bianorヤエヤマカラスアゲハPapilio bianorルリモンアゲハPapilio parisヘレナキシタアゲハTroides helenaヘレナキシタアゲハTroides helenaヘレナキシタアゲハTroides helenaタイワンスジグロチョウCepora nerissaタイワンスジグロチョウCepora nerissaアカネシロチョウDelias pasithoeタイワンキチョウEurema blandaミナミキチョウEurema hecabeヤクシマルリシジミAcytolepis puspaウラフチベニシジミHeliophorus epiclesシロウラナミシジミJamides alectoヒメウラボシシジミNeopithecops zalmoraヒメウラボシシジミNeopithecops zalmoraウスグロヒメウラナミシジミProsotas dubiosaヒメウラナミシジミProsotas noraヒメウラナミシジミProsotas noraタイワンフタオツバメSpindasis lohitaタイワンフタオツバメSpindasis lohitaタイワンフタオツバメSpindasis lohitaタイワンフタオツバメSpindasis lohitaミツボシフタオツバメSpindasis syamaミツボシフタオツバメSpindasis syamaミンダムスルリマダラEuploea midamusミンダムスルリマダラEuploea midamusミンダムスルリマダラEuploea midamusヒメアサギマダラParantica agleaウスコモンマダラTirumala limniaceイシガケチョウCyrestis thyodamasリュウキュウムラサキHypolimnas bolinaリュウキュウムラサキHypolimnas bolinaクロタテハモドキJunonia iphitaクロタテハモドキJunonia iphitaクロタテハモドキJunonia iphitaクロタテハモドキJunonia iphitaタイワンホシミスジLimenitis sulpitiaサトオオイナズマLexias pardalisサトオオイナズマLexias pardalisサトオオイナズマLexias pardalisサトオオイナズマLexias pardalisタイワンホシミスジLimenitis sulpitiaタイワンホシミスジLimenitis sulpitiaクリニアミスジNeptis cliniaクリニアミスジNeptis cliniaクリニアミスジNeptis cliniaキミスジSymbrenthia lilaeaキミスジSymbrenthia lilaeaキミスジSymbrenthia lilaeaヒメシロオビヒカゲLethe confusaヒメシロオビヒカゲLethe confusaヒメシロオビヒカゲLethe confusaヒメシロオビヒカゲLethe confusaヒメシロオビヒカゲLethe confusaヒメシロオビヒカゲLethe confusaヒメシロオビヒカゲLethe confusaマルバヒトツメジャノメMycalesis mineusマルバヒトツメジャノメMycalesis mineusキレバヒトツメジャノメMycalesis zonataキレバヒトツメジャノメMycalesis zonataキレバヒトツメジャノメMycalesis zonataムモンホソバセセリAstictopterus jamaムモンホソバセセリAstictopterus jamaムモンホソバセセリAstictopterus jamaユウレイセセリBorbo cinnaraユウレイセセリBorbo cinnaraユウレイセセリBorbo cinnaraシナシロシタセセリTagiades litigiosusシナシロシタセセリTagiades litigiosusシナシロシタセセリTagiades litigiosusタケアカセセリTelicota oharaタケアカセセリTelicota oharaタケアカセセリTelicota oharaタケアカセセリTelicota oharaヒョットコシジミタテハAbisara echeriusヒョットコシジミタテハAbisara echeriusヒョットコシジミタテハAbisara echeriusヒョットコシジミタテハAbisara echeriusホシシジミタテハZemeros flegyasホシシジミタテハZemeros flegyasツマグロヒョウモンArgyreus hyperbius